レターセットケース☆両開きの蓋付きの箱

Atelier TORTUE ディプロマコースでの課題、第4作目はこちらの両開きの蓋付きの箱!
今回も目的に合わせた自由なサイズで、ペーパーとスキバルで制作して行きます。
この課題では、本体の箱に合う両開きの蓋の作り方を学びます。

e0240412_13583520.jpg

何を入れる箱にしようか?いろいろ迷ったのですが、無難に便せんと封筒などをまとめて収納できるようなレターセットケースを作る事にしました。(無難過ぎて、ひねりがありませんが・・・008.gif
e0240412_13595714.jpg

両開きの内側には、カードが入れられるようなポケットを付けて。
このポケットも、蓋を閉めた時にキチッと納まるような厚さで作らなければいけません034.gif
e0240412_1453960.jpg

今回も難しい課題でしたが、なんとか無事に完成させる事が出来てホッとしています001.gif





**いつも見て頂きありがとうございます!

**ブログランキングに登録しています!
**応援クリック、よろしくお願いいたします。
       ↓

にほんブログ村 ハンドメイドブログ カルトナージュへ
にほんブログ村

[PR]
by sababurg | 2012-05-01 15:00 | カルトナージュ | Comments(2)
Commented by yuka at 2012-05-01 15:17 x
sababurgさん
こんにちは〜^^
キチッとビシッとした箱の完成に惚れ惚れいたしました!
製図が楽しいそうな箱ですね。

私がカルトナージュ始めたばかりの頃、kako先生が地図柄の生地で作られていましたが、スキバルで作られるとまた全然印象がちがいますね!
私もそのうちに作ってみたいと思います〜♪

Commented by sababurg at 2012-05-02 21:03
yukaさん、こんばんは!
コメントをありがとうございます(*^^*)
kako先生のHPを拝見すると、先生は地図柄で素敵に作られていましたが、あれは布だったのですか!
さすがkako先生ですね!
私にはちょっと難しい作品でしたが、作り甲斐はありました(^_^;)
是非、yukaさんも作ってみて下さいな!
<< 五月の薔薇・・・薔薇柄の小箱 ☆ウィリアム・モリスの生地で引き出し >>